コアラの日記!!(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野比コアラの日記!!(仮)

31歳・元教師。ゆるゆると雑記ブロガーしていきます。

お金を目的にしないほうが結果的に人生は豊かになる

 

楽しみたいのか金を儲けたいのかで人生は変わってくる気がする。

 

 

 

例えばブログ。

 

自分の趣味に関して発表する場にしたいのか、

 

それとも広告を貼ってアクセスを集めて収入を得ようとしているのか。

 

はたまた自分の仕事に関して告知や情報提供の場にするのか。

 

 

 

趣味の発表の場にしている人は楽しいだろう。

 

自分一人で趣味を楽しむよりも、

 

ブログを通じて少人数でも様々な人と意見交換していけるのは新たな発見もあるだろうし刺激になるというものだ。

 

「毎日書かなきゃ」みたいな義務感もない。

 

書きたいときに書きたいだけの量を書けばいい。

 

 

 

広告を貼って儲けようとしている人はどうだろうか。

 

何かを発表したり記事にしたりすること自体には楽しみを見出してないので、ぶっちゃけ記事作りは結構しんどいんじゃないだろうか。

 

今日は何を書こう

 

めんどくせえ

 

でも書かなきゃ

 

どんなネタがウケるんかな

 

タイトルはどうしたらみんなが読みたくなるんかな

 

適当に書いたらアクセス稼げない(=収益にならない)

 

だからなんとかしてそれなりのクオリティに仕上げなくっちゃ

 

 

 

こんな感じ?(想像するに)

 

大変そう・・・。

 

実際に稼げてくれば面白いのかも?

 

稼げるようになるまでがつらいんじゃない?

 

がんばってね。

 

 

 

自分の仕事に関しての情報提供の場にしている人はどうか。

 

その「自分の仕事」への愛の度合いによってブログに向き合う姿勢は変わってくるだろう。

 

企業としてブログ運営をしていて更新スタッフになって書いている人。

 

自分の仕事が好きで好きで好きすぎて書いている人。(これは趣味で書いている人と感覚的には近いかもしれない)

 

自分の仕事の売り上げが乏しくて、なんとか集客につなげたいと思って記事を書いている人。

 

いろいろいるだろう。

 

 

 

どの人が「楽しく」ブログできているかは一目瞭然だろう。

 

 

 

 

 

例えば読書。

 

単純に本を楽しみたく読むのか、

 

その本から何かを学んでアウトプットするために読むのか、

 

学校の課題だから読むのか、

 

上司に言われたから読むのか。

 

 

 

アウトプットしたり自己成長をする目的は「儲けるため」。

 

学校の課題だから読むのも「良い成績取って良い大学に進学して良い会社に入って儲けるため」。

 

上司に言われたから読むのも「評価を下げず、昇給につなげて儲けるため」。

 

 

 

本って基本的には「楽しみたい」「何かを学びたい」という欲求で読むんだろうけど、

 

アウトプット(儲けること)が義務になっちゃったらつまらないと思う。

 

 

 

例えば断捨離の本を読んでみるとする。

 

「おー、断捨離って素晴らしいなぁ」って段階では「本を楽しむ」ってレベル。

 

「実際に自分もやってみよう」とするのは「アウトプットする」ってレベル。

 

「おー、すっきりして感動だ」となって、ブログに書いたり人に話したりするのも第2段階目の「アウトプットする」ってレベル。

 

 

 

「人に伝えたい」って思うのはあくまでも根底に「感動」ありき。

 

自分で実行するのだってそこに感動してなければ行動に移さないはず。

 

断捨離の考え方に感動をして行動に移される。

 

要はアウトプットは前提として感動してないと内容も死ぬわけだ。

 

 

 

義務感で行うアウトプットはすでに死んでいるアウトプットだ。

 

それよりもまずは純粋に本を楽しんだほうがいい。

 

ブログネタにしようとして本を読むのではなく、

 

そう肩肘張らずに単純に楽しもうとして本を読めばいい。

 

んで面白かったらブログで紹介すればいいのだ。

 

 

 

 

 

なんとなくブログ論みたいな話になっちゃったけど、何でもそうだよね。

 

ゴルフを楽しみたいのか、(プロとして)ゴルフで儲けたいのかで、

 

人生でのゴルフとの付き合い方も全然違うだろうし。

 

 

 

 

 

 

 

お金を目的にしないほうが結果的に人生は豊かになるんじゃないかな。

 

むしろそういう人のほうにお金も流れてきそうだし。

 

 

 

 

 

おわり!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク