コアラの日記!!(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野比コアラの日記!!(仮)

31歳・元教師。ゆるゆると雑記ブロガーしていきます。

【感想】もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

本の話

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

 

「もしイノ」読んでみましたー!!

 
前作の「もしドラ」も流行当時読んだけど、内容忘れてしまってた(笑)
 
てかね、もしイノ読みたい気がする〜ってツイッターでつぶやいたら作者の岩崎先生から直接お返事が!!
 

 

 
f:id:novkota1984:20160105191101j:image
 

すごいなー!

 
毎日ツイッターで自分のことを検索して一人一人にお返事しているのかなー。
 
マメですね!
 
こういうのにグッときて、Amazonkindle)でポチってしまいました!
 
いやぁ、成功者は人(顧客)との関係を丁寧にこなしますね!
 
ちなみに岩崎先生をYahoo検索すると
 
f:id:novkota1984:20160105191328j:image
 
って、わざわざ悪口が関連ワードで出てきますねー。
 
やっぱり成功者にはアンチが出てくるんですねー。
 
悪口言うのは誰でも簡単に出来るけど、成功してない人が成功者の悪口言うのってかっこわるいよなーって思います。
 
あ、ちなみに社会派ブロガーのちきりんさんもツイッターでご自身の著書が内容としてつぶやかれるとリツイートしてくださいますよ。
 
さすがですね。
 
成功者は皆マメですね。
 
 
 
 
 
さて、くだらん(?)前置きはこれくらいにして読んでみての感想(というか気に留めた点など)を書いていこうかなと思います。
 
 
 
 
 

1 「もしドラ」もだが、表紙で勝っている

 
とにかく表紙のインパクトが強い。
 
河川敷に女の子が立っている絵!しかもかわいい!!(イラストがうまい)
 
ビジネス書に混じってラノベが置いてある感な!!ラノベ読んだことないけど。
 
これはイノベーション(技術革新)だわな!
 
 
 
 
 

2 「説得」とは「得」を「説く」ってこと

 
本作に登場する真実(まみ)がこう説明するんですねー。
 
「説得」とは「依頼」ではなく、相手にとってのメリットを教えてあげることなんだよーって。
 
なーるーほーどーねー。
 
こうやって熟語を分解して改めてその意味を考えるのって、わざわざ立ち止まって考えようとしないと考えないよね。なかなかね。
 
「説得」ってたくさん説明して相手を言いくるめることだと思っていました。
 
 
 
 
 

3 それならそれでかまわない

 
今回の主人公・夢と真実は、野球経験のない文乃(前作にも登場)に監督就任の依頼をします。
 
そこから部員を集めていくわけですが(この時点では選手はゼロ)、募集をかける際に監督が野球経験なしの女性であるということにネガティブな取られ方をされても「それならそれでかまわない」と考えます。
 
そこには真実の考える野球部としての組織像というか、信念があるわけですが(詳しくは読んでみて)、
 
価値観がそぐわないようなら入部しなくて結構ですから!!という強い姿勢がみられるような気がします。
 
「あえて」そうするんでしょうね。
 
僕のブログもそういう気持ちでやらんとね。
 
考え方がそぐわなければ別に読まなくって結構ですから!!って。
 
うそです。ごめんなさい。読んでくれてありがとう。めちゃ感謝しています。はい。
 
 
 
 
 

4 ペンキ塗りの説得術

 
これな!
 
「楽しそうにやる」ってのと「禁止する」ってのを組み合わせると、
 
人はそれをどうしてもしたくなっちゃう!っていう魔法のテクニックとのこと!
 
おー。
 
俺も今度試してみよう!!
 
ブログたのちい!amwayもたのちい!でもみんな手伝わんでね!真似しないでね!僕が怒られちゃうからwwwww
 
 
 
 
 

5 「型にはめる」と自由になる

 
「型にはめる」→自由が利かなくなる?可能性が狭まる?→実は逆→型の中で自由に動けるようになって可動域が広がる
 
ってこと!
 
わかるー!打ち方も投げ方も、ある程度は型(基礎)を押さえとかないと、そこから発展させたりできないもんね。
 
基礎がない状態でオリジナルをやろうとするとガチャガチャになるもんね!
 
ビジネスも同じってことだね!
 
 
 
 
 

6 ドラッカーのマネジメントにおいて「最大」は、必ずしも良いことではない

 
それよりも「最適」が求められるとのこと。
 
 
部員でも社員でも顧客でも、何でもかんでも無闇やたらに最大限増やしゃーいいってもんじゃないってことね。
 
最適な数を目指そう。
 
これはペンキ塗りの説得術にもリンクしてます。
 
 
 
 
 

7 「羨ましがり」

 
主人公・夢は「羨ましがり」。
 
顔が可愛い子、頭がいい子、運動が得意な子に劣等感を感じる性格。
 
けどそれは「人の長所を見つけるのが得意」の裏返しでもある、と。
 
俺も羨ましがりなんだがなー。
 
福士蒼汰くんみたいなイケメンに生まれて来たかった・・・。
 
いや、コアラの人生もここからですから。大丈夫ですよ!(なにが)
 
 
 
 
 

8 トップマネジメントは現場の人間と定期的に会わなければならない

 
会って彼らと話さなくてはならない、とドラッカーは言っていると。
 
SNS上の付き合いじゃなくてね。
 
やっぱり会うことが大事だよね。
 
意思疎通とか、本音を聞くとか、ね。
 
 
 
 
 

9 「マネジメント」と「教育」は逆

 
マネジメントは弱みには着目せず組織の中で中和。
 
教育は弱みに着目してそれを克服させようとする。
 
これな!!
 
中学校教員時代、これに違和感を覚えた!!
 
子供(生徒)の苦手分野は「そこそこできりゃーいいんじゃない?」くらいの気持ちだったけど、
 
周りの大人たちは放課後(みんなが部活をやってる時間等)に補習をやらせたりしてた。(もちろん子供も任意での参加。強制はしない)
 
勉強が苦手な子が「本当は勉強もそれなりにできるようになりたい」ってことを思っているのはわかってたけど、
 
別に勉強できなくても困ることなんてあんまりないよ?
それよりも好きなことや得意なことをとことんやったほうがいいよ?
 
って思ってた。(けど立場上、勉強させないといけないというジレンマ。ストレス)
 
ええ。僕は断然「マネジメント」派です。
 
こういうの、前回記事でもなんとなく触れたかな。

 

rakutentekikoala.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

10 強みよりも弱みに目を向ける者をマネジャーに任命してはならない。

 

強みよりも弱みに目を向ける者をマネジャーに任命してはならない。できないことに気づいても、できることに目のいかない者は、やがて組織の精神を低下させる。

 

 

同上。

 

 

 

 

 

11 練習をサボって一番損をするのはその子自身

 

作中のライバル高校(名門)の監督さんの言葉。

 

これは僕のスタンスと一緒(^^;;

 

別に授業中に居眠りしようが提出物を出さなかろうが、成績に反映されるだけで、一番損をするのは本人だよなーって。

 

けど、義務教育の教員は寝てたら起こさないといけないし、提出物も集めなきゃいけない。(^O^☆♪

 

班で連帯責任制度にすりゃ自主的にちゃんとやるのかなー?(今になって思いつく)

 

とにかく、基本的には「本人の責任」ってことで放任主義です。

 

VIVO!」のナカムラ先生も放任主義です。めちゃ面白いです。 

 

VIVO! 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)

VIVO! 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)

 

 

 

 

 

12 試合に負けたのは監督の責任でもある。

 

これもさっきのライバル高校(名門)の監督さんの言葉。

 

てか監督さんが部員に言われた言葉。

 

試合で負けた罰にグラウンドを走らせてたら、「なんで監督は走らねえんだ」って。

 

「選手だけ走って監督が走らないのはおかしい」って。

 

たしかに!!

 

こういう感覚はいつまでも無くさないようにしたいすね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・以上!!

 

ていうか、前作が「もしマネ」じゃないんだから、今回も「もしドラ」だよなー。

 

なぜ「もしイノ」?!

 

ていうか表紙のタイトルが既に「もしイノ」にさせようとしているしな!!露骨に!!

 f:id:novkota1984:20160114220107j:image

 

 

 

 

もしドラ」も「もしイノ」も小説としたらいまいち物足りないけど、ビジネス書としたらすんごくライトに楽しんで読めて学べると思います!!

 

うまいね!岩崎先生!

 

これを真似っこした似たり寄ったりの二番煎じなビジネス書も出てるとは思うけど、まったく話題にならないもんね。

 

岩崎先生はイノベーションしたってことやね!競争になってないもんね!

 

 

 

 

 

さて、次は何を読もうかなー。

 

 

 

 

 

おわり!

 

  

 

 

スポンサードリンク