コアラの日記!!(仮)

野比コアラの日記!!(仮)

31歳・元教師。ゆるゆると雑記ブロガーしていきます。

恋人へのクリスマスプレゼントについて

f:id:novkota1984:20151209210131j:image

 
もうすぐクリスマスですが、
 
みなさんいかがお過ごしですか。
 
独り身の人も、友達と過ごす人も、恋人と過ごす人も、家族と過ごす人も、仕事の人も、
 
良いクリスマスになるといいですね。
 
 
 
 
 
さて。
 
今日は「恋人同士で過ごすクリスマス」について個人的な見解を述べたいと思います。

 

 
 
 
 
年齢を重ねるうちに、クリスマスだからといって、特別な日だという感覚が無くなっていきました。
 
大学生のときは「クリスマスまでに彼女を作る!!」って躍起になっていましたが、
 
いやーもうほんとマジで躍起になっていましたが、
 
最近はどうもテンションが上がらないというか、どうでもいいというか。
 
そんな31歳の冬。
 
 
 
 
 
 
 
あと、プレゼントを交換し合う風習。
 
例えば1万円の予算でプレゼントを用意し合うのにしても、
 
あんまり欲しいとは思ってなかったものをもらうというのは残念な感じになるではないか!と思っていて。
 
だったらその1万円で自分の欲しい物を買ったほうがいい。
 
プライズとか、そういうのは満足度の低くなるリスクをはらんでいるので、やりたくないし、やられたくないのです。
 
プライズ成功するとも思えないし、てか下手だし俺。
 
 
 
 
 
なので、僕は相手に普通に「何が欲しいの?」って聞きます(笑)
 
 
 
 
 
 
 
相手のことを一生懸命に考えて、迷いに迷ってプレゼントを選ぶのがいいんだよ!
 
その気持ちが嬉しいんだよ!
 
という意見もあると思いますが、
 
それはもう価値観の違いで、
 
僕はどんなに時間を費やしてくれてて気持ちが込もっていたとしても
 
「要らないものは要らない」
 
と思っちゃうんですよね。
 
その辺が城思考だなとも思いますが。
 
あと一生懸命に選んでくれた時間とか気持ちとかって、分かりにくいしね。目に見えないし。
 
 
 
 
 
 
 
なるべく人の気持ちを汲める人になりたいなとも思いますがね。
 
仮に僕が宝くじで10億円を当ててて、
 
欲しいものは全部手に入れてて、
 
もう自分では欲しいものは何もないと思ったときには、
 
その相手からの気持ちを込めたプレゼントというのも素直に「嬉しいな」と思うのかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 
 
そういう意味で言えば、
 
経済力とか
 
お金って
 
大事だなと思います。
 
人生においてね。
 
 
 
 
 
 
 
でも、経済的に豊かになるには、
 
そういうときに素直に「嬉しいな」「ありがとう」って感謝できる人になることが大切なんでしょうね。
 
お金が少ないころからでも。
 
 
 
 
 
 
 
今夜の夕食ははなまるうどんで独り節約ディナーでした。
 
明日はお給料日です。
 
節約生活、がんばります。
 
 
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
スポンサードリンク